ドラム式洗濯機って素敵やん

レビュー

こんばんわ!!

寒くなりましたね・・・。

関西では雪までは降っていないですが、風が冷たくなってきました。

スキンヘッドに北風は堪えます

特に、自転車に乗っている時がキツイ( ゚Д゚)

そろそろニット帽の出番ですね。

お部屋はぽかぽかニャ

今年購入して一番良かったモノ

さて、今年も残り2週間となりました。

今年の振り返りを兼ねて、2020年に購入してよかったモノを記録しておこうと思います。

いくつか候補はあるのですが、一番良かったモノは「ドラム式洗濯機」です。

そこに入るのはやめてください(笑)

ドラム式洗濯機導入のきっかけ

今年は生活環境などが大きく変化した一年でした。

その中でも一番の変化は、「洗濯」に関する事だと思います。


私は洗濯がとても好きです。

汚れたものがキレイになるのもそうですし、

干すのも、太陽の匂いがする洗濯物を畳むのも好きです。

家事の中で一番好きかもしれません(笑)


しかし、今の家に引っ越しをして、ベランダの狭さや、住環境を考えた時、

外に干すのが難しいかも・・・という問題が出てきました。

というのも、道路がすぐ傍にあるため、

黒い粉塵がベランダにたまってしまうのです。


さすがに外に干すわけにもいかない・・・ということで、

乾燥機付きのドラム式洗濯機を購入しました。

ドラム式洗濯機の素晴らしいポイント

ドラム式洗濯機は本当に便利。

洗濯好きな私としては、苦渋の決断だったのですが、

今では、外に洗濯物を干したいと思わなくなりました(笑)

素晴らしいポイントその①

素晴らしいポイントその①は、「時短」。

洗濯物を入れて、ボタンを押すだけ。

終了してドアを開けると、カラッと乾燥した洗濯物。

あとは畳んで片づけるだけ。

洗濯物をだしてカゴに入れて干して取り込む時間ゼロになりました(笑)


素晴らしいポイントその②

素晴らしいポイントその②は、「精神的な解放」です。

ドラム式洗濯機にしてから、干し忘れも、天気の急変も、何にも気にならなくなりました。

今までは、天気予報を気にする毎日でした。


雨が続くと、洗濯物がたまってしまいます。晴れ間を狙って干すのですが、量がすごいので大変(笑)

また、せっかく干したのに、急な雨で、せっかく乾いていた洗濯物が濡れてしまったこともありました。

地味に辛いんですよ、せっかく乾いていたのに・・・。

次の日にもう一度干し直す、なんてこともありました(涙)


今年は、梅雨の時期のストレスもまったくありませんでした。

人生で初めての経験です(笑)

天気を気にするという事が、こんなにもストレスになっていたなんて・・・。

精神的にも、時間的にも、結構なウエイトを占めていたんやなぁと思わされました。

ある意味、洗濯物から解放されたのかもしれません。

すこし大げさな表現に聞こえるかもしれませんが、まったく誇張はしておりません(笑)


素晴らしいポイントその③

タオルがふわふわに乾きます

正直、外に干した時よりもふわふわに乾きます。

そして、紫外線で傷まないということ。

花粉もモチロンつきません(笑)


もし購入を迷っているのなら・・・

もし、ご家庭でドラム式洗濯機の導入を考えておられましたら、

是非とも購入されることをおススメします

特に、奥様が購入してほしいとご希望でしたら、多少無理をしてでも購入してほしいな、と思います。

時間に余裕ができますので、奥様が喜ばれることは間違いありません(笑)

猫も喜ぶこと間違いなし(笑)

ドラム式洗濯機のイマイチポイント

ドラム式洗濯機のイマイチポイント

ドラム式洗濯機にイマイチポイントがないのかというと、

そうでもありません。

ドラム式洗濯機はホコリが溜まりやすいので、

こまめに掃除をしなくてはいけないということです。


イマイチポイント①

まずは乾燥フィルター

乾燥フィルターは乾燥の度にホコリをとらなくてはいけません。

といっても、フィルターについたホコリを拭うだけですので、面倒くさいものではありません(笑)

ここにホコリがたまりますが、手で拭えばすぐとれます



イマイチポイント②

次は、ドラムと本体の間の溝の掃除。

ドラムと本体の間の溝にも、ホコリが溜まってしまうため、

1か月に一度くらいのペースでホコリの掃除が必要です。

竹串やらで溝をホジホジしなくてはいけないので、

これは少々面倒くさいかもしれません。

この掃除を怠ると、乾燥時間が長くなってしまったり

洗濯物から悪臭がする・・・なんて可能性もあります。

個人的には月に一度くらいなので、許容範囲かな、と思っています(笑)

すこしわかりにくいですが、竹串でこの隙間のホコリをとります



イマイチポイント③

最期に、これは縦型の洗濯機と同じですが、

排水フィルター(糸くずフィルター)のお掃除です。

これは縦型と同じくらいの頻度なので、そんなに苦痛ではありません。


一年間使ってみた感想

素晴らしいポイントと、イマイチポイントを紹介してきましたが、

結局のところ、乾燥のホコリの掃除が大変だということだけ。

ホコリが出るのは、洗濯機の仕組み上、どうしても仕方がない事のようです。


一年間使用してみて、これくらいの掃除だったら全然OKだとは思います。

それよりも日々の洗濯物からの解放のほうが大きかったですね(*’▽’)


人によっては「掃除が面倒くさい・・・」と感じる方もいらっしゃるかもしれません( ゚Д゚)

どっちをとるか、難しい選択かもしれませんね(笑)




何かの参考になれば幸いです( *´艸`)


ほなまた!!!

ポチってもらえると励みになります★

スポンサーリンク